勉強のやり方 家庭学習法

学習時間を記録してみよう

2016/05/10

机に向かっている時間は長いのに、あまり勉強出来なかったり、やる気がなくて明日にまわしてしまったり・・・ 計画はしっかり立てているのに、なかなか実行出来ないことも多いと思います。

成績が伸びない中学生の多くは、どのくらいの勉強時間で、どのくらいの量の勉強が出来るのか自分でしっかり把握出来てないというケースが多いようです。

同じ時間でもAさんとBさんでは出来る勉強量は変わってきますし、得意科目、不得意科目でも違いは出てきます。1度毎日の勉強時間を記録してみるようにしてください。

最初は「何時から何時まで 何の教科を勉強したか」をカレンダーなどに書き込むだけでOKです。慣れてきたら、学習記録帳などを自分で作って、問題集の何ページから何ページまでを何分でやったかを書き込むようにしましょう。

下記のような学習記録シートを作って記録してみましょう。

学習日記

自分がどのくらいの勉強時間でどのくらい集中しているかを、実感するようになれば、計画も上手に立てられるようになります。

★定期テストの学習計画表を普段の学習でも活用してみてください。
http://chugaku.manabihiroba.net/plan.html

↓中学生の学習計画や学習記録をつけるのに最適な手帳です。

ふりかえり力向上手帳 フォーサイト

新品価格
¥1,512から
(2016/5/10 20:34時点)

(Visited 1,238 times, 1 visits today)

-勉強のやり方, 家庭学習法
-, , ,