冬休みの計画の立て方・過ごし方 夏休み・冬休み・春休みの学習法

大掃除で学習環境を作る

家庭学習が出来ていない生徒さんの多くが、自宅や勉強部屋が勉強出来る環境になっていないことが多いようです。

冬休みを利用して、勉強部屋の整理整頓をすることをおすすめします。

勉強出来る環境とは

次のことが出来ているかを、まずは確認してみましょう。

1. 必要な教材、筆記用具などがすぐに取り出せるようになっている

学習に必要なものが見つからなくて探しまわっていては当然時間の無駄になりますし、やる気もなくなってしまうことになりがちです。

2.勉強に関係ないものは視界に入らないようになっている

漫画、雑誌、ゲームなどが手に届く所にあっては勉強に集中出来ません。

3. 周囲が綺麗で気持ちがリラックス出来るようになっている

机が汚れていたり、ゴミであふれている状態で落ち着いて勉強するのは難しいでしょう。

 

実際の掃除のやり方

次の点に注意して大掃除をしてみてください

1.必要ないプリント、教材はどんどん処分する

学校や塾でもらったプリント類は後でやろうと思ってとっておいても、整理出来くて、どこに何があるか分からなくなりがちです。もう使わないと思われるものはどんどん処分してください。終わった定期テストなどの資料やコピーすれば手に入るものは処分してもいいでしょう。

テストなど捨てられないものはクリアーファイルなどに教科や単元ごとにまとめてボックスに入れておく方が楽です。きちんとファイルしようろ思うと、挫折してしまいますので、適当にまとめることを考えましょう。

2.文房具は一カ所にまとめる

三角定規やコンパスが必要な時にすぐ取り出せるよう、一カ所にまとめましょう。
また文房具も種類が多すぎると混乱します。持ち歩き用は筆箱に、自宅用はペン立てや引き出しなどすぐ分かる所に置き、すぐに使わないものは別の所に片付けておくようにしましょう。

3.掃除をする

ある程度片付いたら、机をふく、掃除機をかけなど自分でやるようにすると気分もすっきりします。カレンダーや壁に貼ってあるポスターなどを取り替えてみると、気分転換になります。
カーテンを洗ったり、電球を取りかえるだけでも気分がすっきりして勉強に集中しやすくなります。

最後に

家庭教師でいろいろなご家庭を訪問してきましたが、家庭学習が出来ている生徒さんのほとんどが、自分で勉強道具を整理整頓できています。このため勉強部屋以外で勉強する時も忘れ物もなく移動がスムーズに出来るようです。
学習に必要なものをしっかり整理する習慣をつけるようにすることが、成績アップにつながります。是非冬休み中に取り組んでみてください。

中学生の成績が上がる!教科別「勉強のルール」最強のポイント65 コツがわかる本ジュニア

(Visited 400 times, 1 visits today)

-冬休みの計画の立て方・過ごし方, 夏休み・冬休み・春休みの学習法
-, , ,