成績をあげるための学習習慣、各教科の勉強法 高校入試対策方法

1年の学習目標を決めよう

勉強のモチベーションをあげるには目標を決めることが大切です。

新年を迎えた時、新学年を迎えた時に目標を決めてみましょう。

目標の決め方

1. 大きな目標を決める

まずはこうなりたいという目標を考えてみましょう。実現可能かどうかはあまり深く考える必要はありません。

大きな目標の例
  • ○○高校に入って○○部で活躍する
  • 学年で10番以内に入る
  • 全教科90点以上を取る

大きな目標は、大きめの紙に書いて貼っておくとモチベーションが上がりやすくなります。

2. 目標を達成するための具体的な目標を考える

次は具体的に何をすれば自分の大きな目標を達成出来るか考えてみてください。

例)

  • 毎日2時間勉強する
  • 朝7時に起きて暗記をする。(英単語10個、漢字、社会の暗記事項など)
  • 予習、復習を必ずする。
  • テスト前に慌てないように問題集をテスト1週間前に終わらせる
  • 通信講座の課題を水曜日と土曜日にやる

など
まずは、思いつくことを全部書いてみて、出来そうなことを5個くらいに絞ってみてください。

3. 月ごとに目標を書いてみる

受験生は特に月ごとの目標を決めておくことが大切になります。また、いきなり勉強時間を増やすことが出来ない場合は、少しずつ学習量を増やしていく方法を考えてみましょう。

例)

  • 1月は毎日1時間勉強する。週1日通信講座の課題をやる。
  • 2月は毎朝10分勉強する 毎日1時間問題集をやる。
  • 3月は今年の復習をする 春休みは1日5時間勉強する
    など、月ごとに目標を決めてください。この1年をどう過ごすかを考えてみるようにし
    ましょう。また、学校行事や塾の予定、模擬試験の予定なども、確認しておきましょう。

4. 1日の過ごし方の目標を決める

学校から帰ってからの勉強時間や、休日の過ごし方などを見直してみましょう。
1日の中で、どこでどのくらの時間勉強出来るのかを考えて、だらだら過ごさないことを目標にしてみてください。

例)

  • 夕飯の前に30分以上勉強する。
  • 部活のない日は3時間以上勉強する。
  • 夜10時までに宿題を終わらせる。

特に時間のない受験生は、集中して学習出来るような時間割を自分で作ってみましょう。

5.目標は紙に書いて見えるところに貼る

目標は決めただけでは忘れてしまいます。

書いたものを机の引き出しにしまっては何を考えていたのか忘れていまいます。目標を決めたら、必ず見えることろに貼ってください。
勉強机の前、ベッドの横、トイレの中など毎日見るところに貼るようにすることをオススメします。

 

東大生が知っている! 努力を結果に結びつける17のルール

SNSでフォローする