中学入学前の準備 入学前の国語勉強法 夏休み・冬休み・春休みの学習法 春休みの計画の立て方・過ごし方

中学入学までに漢字練習を

2016/03/12

もうすぐ中学入学の小学校6年生は、春休みの時期の過ごし方がとても大切になります。中学入学後の勉強が順調にスタートできるかはこの時期が過ごし方によると言ってもよいくらいです。国語については、漢字の書き取りです。中学に入学してからでは、なかなか小学校の漢字をやり直すことは難しいでしょう。この2ヶ月の間にもう一度、復習をしてみてください。その時は書けたのに…という漢字が必ずあるはずです。次に復習の方法を書いてみますので、参考にしてください。

1 市販の漢字ドリルを使う

小学校4年生レベルの漢字から復習をしてください。漢字ドリルは標準レベルで薄いものをお買い求めください。忘れてしまった漢字があるかを確認することが目的です。そのような漢字は繰り返し書いて覚えるようにしてください。
4年生から3冊の漢字ドリルを復習さえすれば、中学入学後の国語の学習が非常に楽になり、順調なスタートが出来ます。

2 漢字検定を受検する

これは漢字が得意なお子さんにお勧めです。小学校6年生は6級ですが、合格して自信を付けさせるということも大事ですので、7級から受験しても良いでしょう。漢字検定は専用の問題集がありますので、それらをご利用ください。ただし、なるべく薄  い問題集を繰り返し練習するようにしてください。
漢字検定は高校入試の際、3級(もしくは準2級)以上を取得していれば内申点などで英語検定とほぼ同じよう扱われます。英語検定より比較的合格しやすいので、中学入学後も継続的に受験することをお薦めします。

漢字検定のサイトはこちら

 

漢字の習得は繰り返しの練習が基本です。繰り返し練習することによって、はじめて定着し、使いこなせるようになります。また、繰り返し練習する習慣を身につければ、中学での英語の学習にも良い影響をもたらすことになります。

なお、小学校5年生以下のお子さんも1年後、2年後に備えて、いまのうちから少しずつ復習をはじめてください。

中学生の場合も小学生の漢字をしっかりやり直すようにするといいでしょう。

 

小学校の漢字の復習におすすめ

陰山メソッド「徹底反復 漢字プリント」小学校1~6年 (コミュニケーションMOOK)

新品価格
¥972から
(2016/1/21 01:01時点)

(Visited 471 times, 4 visits today)

-中学入学前の準備, 入学前の国語勉強法, 夏休み・冬休み・春休みの学習法, 春休みの計画の立て方・過ごし方
-, , , ,