各教科の勉強法 数学の勉強法

中学数学の勉強法ー基本

2016/05/19

自分は数学のセンスがないから、数学が苦手だと思い込んでいませんか? 中学生で学習する内容に数学のセンスはそれほど必要ありません。 基本的なことを理解して、それを上手く整理して順を追って解いていけば、ほとんどの問題は出来るようになります。

ですから、数学のセンス以前に、コツコツと積み重ねていける学習が出来る方が、点数が取れるようになるのです

数学のセンスが必要な難しい問題はそんなに出来なくても、基本がしっかりできれば、十分に高得点が狙えます。

数学が苦手になってしまう生徒さんの多くが、勉強する順序を分かっていなくて、曖昧なまま次に進んでいってしまうことが多いようです。

まずは基本的な勉強法から見直していきましょう。

  • 教科書に書いてあることを順番に追っていく

数学の家庭学習は問題演習が中心になると思いますが、教科書の内容が分かっていないのに問題をいくら解いても出来るようになりません。問題演習をやる前に、教科書の内容をしっかり読み直していきましょう。

教科書に書いてあることをよく読んで、例題を解いてみてください。よく分からない場合は、例題の解答をノートに写してみましょう。このとき計算方法なども順を追って、どうしてこういう式になるのかを確認していきます。

例題の解答が理解出来てから、問題演習をやってみてください。

理解出来ない所があれば、早めに学校や塾の先生、家族、友人などに必ず聞くようにしましょう。数学は分からない所が積み重なっていくと、次の単元や学年になって、余計に分からない所が増えてしまいます。

  • 公式、定義などは、問題をやりながら覚える

公式をテスト前にひたすら丸暗記しても、どこで使うのか分かっていないと意味がありません。

公式は必ず問題を解きながら覚えてください

暗記しようとしなくても、自然と手が動くくらい、公式が身についていることが理想です。

また、図形の証明問題などで定義や性質などをたくさん覚えなければなりませんが、これもひたすら丸暗記するのではなく、図形を書いて覚えるようにしていくことが大切です。

  • ノートに途中式や考え方をしっかり書く

数学はどうやって考えたか、どういう順序で計算したかが大切になります。途中式や文章題の考え方などは、必ずノートに書く習慣をつけましょう。

面倒臭がらずに、途中式をコツコツ書いていける生徒さんの方が数学の成績は確実に上がっています。

数学はたくさんノートを使ってください。長い証明や計算が多い時は1問に1ページを使っても構いません。大きな字で素早く書けるようにすると、問題を解くスピードもアップします。

計算や文章題の式は一行ずつ縦に書くのが基本です。

ノートの1ページの半分に線を引いて左側に解答を書き、答えあわせをした時に右側に正答やポイントなどを記入していくというやり方もあります。自分に合ったノートの使い方を考えてみてください。

中学生 中間・期末テストの勉強法

新品価格
¥1,512から
(2016/5/19 00:21時点)

(Visited 323 times, 1 visits today)

-各教科の勉強法, 数学の勉強法
-, ,