夏休みの計画の立て方・過ごし方 夏休み・冬休み・春休みの学習法

夏休みの計画の立て方

2016/06/05

夏休みはだらだら過ごしてしまうとあっという間に終わってしまいます。夏休みに入る前にしっかり学習計画を立てておきましょう。

具体的な夏休みの計画の立て方を説明しますので、是非参考にしてみてください。

全体の予定を把握する

まずカレンダーを用意して、決まっている行事(旅行や登校日、部活など)を書き込んでください。塾がある場合は塾の予定も書き込む。
7月、8月が全体に見渡せるカレンダーを使用することをおすすめします。

2016年夏休みカレンダーを利用してみてください。
http://chugaku.manabihiroba.net/summer.html

*行事と学習計画を書き込める予定表を作りました。

夏休み直前の予定、夏休み後のテストなどの予定表も書き込んでください。

2014summerplan

 

夏休みの予定表のダウンロードはこちら

夏休みにやることを書き出す

学校の宿題や自由研究などの課題、自分で勉強したいことを具体的に書き出してください。

このとき、
・絶対やらなければならないこと(宿題など)
・絶対にやりたいこと(習った英単語を覚える、たまっている通信添削を提出するなど1つか2つ決める)
・出来ればやっておきたいこと(応用問題を解くなど)

に分けて書いてください。

書き出したことが、どのくらいの時間で出来るかを、このとき一緒に考えてみましょう。
問題集の宿題だったら1ページ何時間くらいで、何日で出来るか。読書感想文だったら、何日で本を読んで、どのくらいで書き上げられるかを、具体的に書いてみてください。

*夏休みやることリストを利用してください

list

 

http://chugaku.manabihiroba.net/summer.html

 

1日の過ごし方、勉強する時間を決める

部活や行事のある日は、この時間に勉強する、何もない日はこの時間にと、1日のどの時間帯に勉強するかを決めてください。学校の時間割のように、勉強時間は1時間前後で区切るようにしましょう。同じことを3時間続けるというような予定を立てると集中出来なくなります。

夏休みは出来るだけ午前中に勉強時間を入れましょう。特に漢字、計算練習など毎日必ずやることを決めて、朝一番にやる習慣をつけていけば、その後学習が楽になります。受験生以外は午前中の勉強だけで十分かもしれません。
受験生の場合は、午前、午後、夜と細かく勉強する時間、休憩する時間を決めていきましょう。

*夏休みの1日のスケジュールを利用してください。

natuplan

http://chugaku.manabihiroba.net/summer.html

具体的にやる日を決める

上記のことが出来たら、日付の入った計画表に、教科別に細かく計画を書き込んでみましょう。

しかし、計画の段階でしっかり決めても、急な予定が入ったり、思ったより時間がかかったりして途中で変更しなければならないことが多くあります。
1週間に1回は計画を見直せるように、予備日を作るようにしてください。
また、夏休みの残り1週間は、全体の見直しや、出来なかった所をやり直せるよう、余裕を持った予定を立てるようにしましょう。

*夏休みの計画表を利用してください。

summer4_ページ_1
http://chugaku.manabihiroba.net/summer.html

おすすめ

中学生にも使いやすい手帳です。夏休みの学習計画や塾や部活の管理、目標設定などにもおすすめです。

ふりかえり力向上手帳 フォーサイト

新品価格
¥1,512から
(2016/6/5 00:43時点)

(Visited 15,734 times, 9 visits today)

-夏休みの計画の立て方・過ごし方, 夏休み・冬休み・春休みの学習法
-, , ,