各教科の勉強法 社会の勉強法

歴史の勉強法

2016/06/06

歴史は暗記科目だと思って漠然と問題集などで覚えるだけでは成績は上がりません。

勉強法の基本は、まず教科書をよく読むことです。教科書を読んで、下記のことを確認し、各時代の特徴を自分で説明出来るようにしてください。

1.どんな時代か(今から何年前くらいで、西暦何年頃か)

*奈良時代、平安時代、室町時代などを言われて、すぐに説明出来るようにしてください。

2.どの地域が政治の中心だったか

*政治の中心地はすぐに言えるようにしましょう。政治の中心地が変化していく時代は、誰がどのような理由で場所を変えたのかを確認してください。

3. 活躍した人物は誰か

*その時代に政治、文化で活躍した中心人物をまとめましょう。

4. どんな経済活動をしていたか(お金の形式や、売られていたもの、作られた作物など)

*どのように物が流通して売られていたか。おどんな農作物があったかなど、すぐに言えるようにしてください。

5. どんなものが新しく作られたか、発明されたか

*新しく発明されたもの、医療や科学の発展。どのような文字が使われていたかなど、興味を持つことが大切です。

6. どんな文化があったか

*芸術や文学だけでなく、建築物、衣服、大衆に流行ったものなどを資料集などで確認していきましょう。

教科書は最低2〜3回は読んで、プリントなどを使ってまとめてみましょう。ノートにまとめる場合は、漠然とまとめるのではなく、上記のように大切な所を分けて考えるようにしてください。

歴史事項を覚えるポイント

  • 自分でまとめるときは、分かりにくい言葉は自分の分かりやすい言葉に書き換えてみましょう。
    • 例)ポツダム宣言を受託 →ポツダムというところで話し合われた日本が降伏する条件(ポツダム宣言)を日本が受け入れた
  •  その時代のドラマを自分で想像してみましょう。配役やクラスメートや好きな俳優で想像してみると覚えやすくなります。
    • 例)織田信長 ⚪︎⚪︎君 と配役を決めて想像してみる。
    • 自分の家族が江戸時代の生活をしたら、どのようなことが起こるかを想像してみる。
 歴史をストーリー化して頭に入れるには、歴史漫画を読むこともオススメします。 

いろいろな歴史漫画がありますので、1冊ずつ購入してみて読み比べて、自分に合ったものがあったら、全巻読んでみてください。

角川まんが学習シリーズ 日本の歴史 (4) 武士の目覚め 平安時代後期

新品価格
¥864から
(2016/6/6 00:36時点)

 

 →こちらの歴史まとめプリントを活用してください。

この時、写真や図、地図などもしっかり確認しておきましょう。

どんな時代のことを学んでいるのかだいたい理解したら後は暗記するだけです。重要な所をまとめた暗記ノートを作る、市販の問題集を何度もやるなどして、自分で工夫して覚えていきましょう。

テスト前にまとめるノート 中学歴史

新品価格
¥1,058から
(2016/5/2 23:15時点)

(Visited 7,004 times, 1 visits today)

-各教科の勉強法, 社会の勉強法
-, , , , , ,