成績をあげるための学習習慣、各教科の勉強法 高校入試対策方法

春休みの計画の立て方

春休みはつい気が緩んでしまい、勉強がしっかり出来ないケースが多いようです。

しかし、だらだら過ごしてしまうと、新学年になって勉強のペースを作るのに苦労 します。

春休み前にやることを決めて、計画的に学習していくようにしましょう。

どのくらい勉強時間にあてられるか考えてみよう

カレンダーを見て、春休みにどのくらい勉強する時間があるかを、まず確認してみましょう。

2018springのサムネイル

↑このカレンダーのダウンロードはこちら http://chugaku.manabihiroba.net/plan/spring.html

部活や行事、旅行などがある日、学習にあてられる日を決めていきましょう。部活や行事が多い場合はあまりしっかり学習出来る日が作れないことがあるので、優先順位をつけて学習する必要があります。

さらに1日のだいたいのスケジュールを決めて、勉強時間を確保するようにしましょう。

時間がある場合は1日ダラダラとやっていても効率は上がりません。朝の勉強時間、午後の勉強時間、夜の勉強時間と分けて考えるようにしてください。

また新学期からの生活リズムを確保するために、出来るだけ午前中に勉強する習慣をつけることも大切です。

具体的な計画の立て方

1.学校の宿題がある場合は早めに終わらせる計画を

にできるだ春休みは学校によって宿題の量が少なかったりすることが多いですが、宿題がある場合は早めに終わらせるようにしましょう。

内容が分かっている場合は、春休みに入る前に手をつけるようにしてください。

特に新学期にテストがある場合は、やり切っただけで満足しないで直前にしっかり復習出来るような計画を立ててください。

2.復習することを決めて書き出す

春休みの期間で1年分の復習を全てやるのは不可能です。1年間のテストなどを 見直して、苦手教科、分野を重点的にやるようにしてみましょう。

各教科を全体的に復習したい場合は薄い問題集で基本を一通り確認してから、応用問題などに取り組むようにしましょう。

また、暗記や計算練習は毎日やっていないと忘れてしまいます。計算5問、英単語10個、漢字10個など、少しでもいいので毎日やる習慣をつけるようにしましょう。

3.予習をする場合

新学年の教科書が手に入ったら、予習をしてみてもよいと思います。予習といっ ても難しいことをやる必要はありません。教科書の最初の方を読んでみるだけでも 十分です。

数学は最初の方は復習問題で解ける問題も多いと思います。余裕があれば、 例題や解説を見ながら問題を解いてみましょう。

また、これから中学に入学する場合はある程度英語の予習をしておくことをおすすめします。難しいことはやる必要はありませんので、アルファベットを完璧に書けるようにする、基本的な単語をしっかり覚えておくと、入学してからの学習が楽になります。

その他の教科もどんなことを学習するのか、教科書や参考書を読んでみるようにしてください。

4. 受験生の場合

高校受験のためには、この春から受験勉強に備えることが大切です。今までの範囲で基礎レベルで出来ていないところがないかをチェックして みてください。1、2年のまとめの問題をまずはやってみて、よく分かってない所や覚えていない所をピックアップしましょう。

次に教科書や問題集の目次に、苦手なところに印をつけ、そこだけ重点 的に学習していくと良いと思います。

塾に通っている場合、塾のカリキュラムをよく見てください。塾で特にしっかり学習したい所に○をつけて、予習、復習をしっかりやるようにしましょう。

 

春休みの学習計画表はこちらでダウンロードできます

春休み学習カレンダー・計画表

 

中学生の成績が上がる!教科別「勉強のルール」最強のポイント65 コツがわかる本ジュニア

SNSでフォローする