夏休み・冬休み・春休みの学習法 春休みの計画の立て方・過ごし方

春休みの計画の立て方

2016/03/08

春休みはつい気が緩んでしまい、勉強がしっかり出来ないケースが多いようです。

しかし、だらだら過ごしてしまうと、新学年になって勉強のペースを作るのに苦労 します。

春休み前にやることを決めて、計画的に学習していくようにしましょう。

1.学校の宿題はペース配分を決めてしっかりやっておく

春休みは学校によって宿題の量が少なかったりすることが多いですが、宿題がある場合は早めに終わらせるようにしましょう。特に新学期にテストがある場合は、やり切っただけで満足しないで直前にしっかり復習出来るような計画を立ててください。

2.復習中心の学習をする場合

春休みの期間で1年分の復習を全てやるのは不可能です。1年間のテストなどを 見直して、苦手教科、分野を重点的にやるようにしてみましょう。また、計算や漢 字練習などは、1日10分〜30分くらいのペースで予定に組み込んでみてくださ い。

3.予習をする場合

新学年の教科書が手に入ったら、予習をしてみてもよいと思います。予習といっ ても難しいことをやる必要はありません。教科書の最初の方を読んでみるだけでも 十分です。

数学は最初の方は復習問題で解ける問題も多いと思います。余裕があれば、 例題や解説を見ながら問題を解いてみましょう。

また、これから中学に入学する場合はある程度英語の予習をしておくことをおすすめします。難しいことはやる必要はありませんので、アルファベットを完璧に書けるようにする、基本的な単語をしっかり覚えておくと、入学してからの学習が楽になります。

その他の教科もどんなことを学習するのか、教科書や参考書を読んでみるようにしてください。

4. 受験生の場合

高校受験のためには、この春から受験勉強に備えることが大切です。今までの範囲で基礎レベルで出来ていないところがないかをチェックして みてください。1、2年のまとめの問題をまずはやってみて、よく分かってない所や覚えていない所をピックアップしましょう。

次に教科書や問題集の目次に、苦手なところに印をつけ、そこだけ重点 的に学習していくと良いと思います。

塾に通っている場合、塾のカリキュラムをよく見てください。塾で特にしっかり学習したい所に○をつけて、予習、復習をしっかりやるようにしましょう。

 

 春休みの学習計画表はこちらでダウンロードできます。

 春休みの計画表、学習日記

 

 

(Visited 129 times, 1 visits today)

-夏休み・冬休み・春休みの学習法, 春休みの計画の立て方・過ごし方
-, ,