推薦合格が決まった後もしっかり学習しておく

12月以降は、推薦入試での合格がほぼ決まってしまう生徒さんも増えてきます。まだ合格が決まっていなく試験で面接や作文などがあっても、ほぼ合格出来るというケースも多いでしょう。
推薦入試で合格が決まると、どうしても勉強に身が入らなくなってしまうのは仕方がないことです。しかし、一緒の学校に入る他の一般入試の生徒さんは、これから必死に勉強して合格するため、入学後の学力に差が出てしまうことがあります。
特に英語、数学、国語は、中学の学習内容がしっかり理解出来ていないと、高校の最初でつまづいてしまいます。

推薦で入学することが決まっても、気持ちを緩めないで勉強するようにしましょう。

模試を受けてみる

推薦入試合格後に模擬試験がある場合は、ぜひチャレンジしてみてください。

また、過去の模擬試験の問題を使って、自分で実力をチェックしてみてもいいでしょう。

入学が決定した学校に一般入試でも合格出来るくらいの判定が出るよう勉強しておきましょう。

一般入試の過去問をやってみる

合格した学校の過去問は解いておくようにしましょう。

この時に合格最低点などをチェックして、一般で受けても合格できるくらい実力をつけていく気持ちでやってみてください。

英語検定、漢字検定を受ける

英語検定や漢字検定を受けることで、学習のモチベーションが上がります。

中学生でしたら3級合格を目指してください。3級が合格出来る実力があれば、高校の授業も理解しやすくなるでしょう。3級で自信がないお子さんは、中学レベルの基礎学力が足りてないと自覚して、少しでも上の級の合格を目指して勉強するようにしましょう。

英語検定のサイトはこちら

漢字検定のサイトはこちら

 

高校から宿題が出たら早めに手をつける

推薦入試に合格した場合、高校から宿題が出ることがあります。

一般の合格者よりも早めに宿題を課す学校もありますので、宿題が出たら早めに取り組むようにしてください。

出来ていないところはしっかりやし直して、完璧にすることを目指しましょう。

宿題の内容は入学してから確認テストをすることろも多いです。最初に成績が悪いと、スタートでつまづいたようになってしまいます。

最初のテストで良い点数を取ることを目指してみてください。

宿題がない場合は、中学の総復習の問題集をやってみてください。特に英語数学はしっかりやっておくことをおすすめします。

中学数学の総復習―3年間の基本事項総チェック (くもんの高校入試数学完全攻略トレーニング 1)

新品価格
¥1,080から
(2018/12/17 23:26時点)