小学校で習う漢字は確実に出来るようにする。

もうすぐ中学入学の小学校6年生は、春休みの時期の過ごし方がとても大切になります。中学入学後の勉強が順調にスタートできるかはこの時期が過ごし方によると言ってもよいくらいです。

国語については、漢字の書き取りです。中学に入学してからでは、なかなか小学校の漢字をやり直すことは難しいでしょう。この2ヶ月の間にもう一度、復習をしてみてください。その時は書けたのに…という漢字が必ずあるはずです。次に復習の方法を書いてみますので、参考にしてください。

1 市販の漢字ドリルを使う

中学入学前に市販の小学校の復習用の漢字ドリルをやっておくことをおすすめします。

春休み中に出来る量のものを選んで購入してください。

小学校の漢字の復習におすすめ

6年分を総復習! 小学生の漢字1026字 書き取りドリル 中学に上がる前に完全マスター (まなぶっく)

新品価格
¥1,296から
(2019/4/7 01:37時点)

6年分を総復習! 小学生の漢字1026字 読み取りドリル 中学に上がる前に完全マスター (まなぶっく)

新品価格
¥1,188から
(2019/4/7 01:37時点)


漢字の書き取りはノートなどにしっかり書いて練習するようにしてください。トメやハネがしっかり書ける練習をしておかないと、定期テストや高校入試で減点されてしまいます。今のうちにしっかりかきとりが出来るような習慣をつけることが大切です。

小学校の漢字が復習できるの無料プリントはこちら

小学校の漢字の復習

 

2 漢字検定を受検する

これは漢字が得意なお子さんにお勧めです。小学校6年生は6級ですが、合格して自信を付けさせるということも大事ですので、7級から受験しても良いでしょう。漢字検定は専用の問題集がありますので、それらをご利用ください。ただし、なるべく薄  い問題集を繰り返し練習するようにしてください。
漢字検定は高校入試の際、3級(もしくは準2級)以上を取得していれば内申点などで英語検定とほぼ同じよう扱われます。英語検定より比較的合格しやすいので、中学入学後も継続的に受験することをお薦めします。

漢字検定のサイトはこちら

 

3 漢字の練習は国語以外の教科にも役立つ。

漢字の習得は繰り返しの練習が基本です。繰り返し練習することによって、はじめて定着し、使いこなせるようになります。また、繰り返し練習する習慣を身につければ、中学での英語の学習にも良い影響をもたらすことになります。

また、理科や社会でも漢字力が必要となっていきます。漢字が読めないと、教科書に書いてあることが理解出来なくなってしまいます。また漢字で書かなければならない問題も出てきますので、しっかりした漢字が書けないと点数を落としてしまうことにもなりがちです。

なお、小学校5年生以下のお子さんも1年後、2年後に備えて、いまのうちから少しずつ復習をはじめてください。

 

また、漢字の読み書きが苦手に感じている場合は、中学生になっても定期的に小学校の漢字の復習をしていくようにしましょう。

 

タブレットで漢字練習ができる通信講座




◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育