勉強する準備をする

PAK15_notepenhikkiyougu20140312500 勉強に集中するには、まずは勉強が出来る準備をしておくことが大切です。
家でなかなか勉強出来ない生徒さんほど、この「勉強する準備」が出来ていないことが多いようです。

すぐに勉強に取りかかれるように、普段から次のことを意識するようにしてください。

1.教科書、参考書、問題集、プリント類を整理してみましょう。

 今後必要ないものは思い切って処分しましょう。(参考書類は1教科1つ、問題集は3冊くらいまでで十分です)
通信講座の教材や添削が残っている場合は、休日や長期休暇に出来るように、計画を立ててこなしてください。

2. テストや成績表はしっかりファイルしておきましょう

 出来たところ、出来なかったところが見えてきます。

3.勉強がしやすいような、部屋の模様替えを考えてみましょう

  勉強部屋が落ち着かない場合は、ダイニングやリビングで勉強してみる、朝早く学校の図書館へ行ってみるなど、環境を変えてみると気分転換が出来ます。

4.  予定を書き込みやすいスケジュール帳やカレンダーを準備しましょう

 携帯に予定を入れる前に、まず大きな紙やカレンダーに予定を書いて見やすい所に貼ってください。定期テストの予定は、目に見える所に貼っておいた方が、勉強をやる気になります。
携帯のスケジュールは塾や友達の待ち合わせなど、細かい時間が決まっている予定だけを入れるようにしましょう。また、勉強すると決めた時間にアラームが鳴るように設定するのもおすすめです。

 

習慣を変えると頭が良くなる―東大生が教える7つの学習習慣―
習慣を変えると頭が良くなる―東大生が教える7つの学習習慣― 清水章弘

高陵社書店 2009-12-16
売り上げランキング : 3289

Amazonで詳しく見る by G-Tools

(Visited 764 times, 1 visits today)