受験前にやること 高校入試

過去問の使い方

2015/01/30

公立向けの模試では過去の出題形式に似たテストを受けることが多く、過去問で問題形式に慣れておくことが必要となります。また私立高校を受験する場合は過去問でどのようなレベルの問題が出 題されているのかを早めにチェックしなければなりません。

過去問を解くのは受験対策に必要ですが、漠然と過去問をやって出来た、出来な かったと言っているだけでは合格することは出来ません。学校や塾だけでは十分に過去問練習が出来ないことがありますので、家庭で計画的にこなしていかなければなりません。

過去問を上手に活用して、受験を乗り切ってください。

★志望校決定の目安に使う

まだ志望校を決めかねている。志望校に偏差値が届いていないと行った場合は、 過去問を1回分やってみましょう。自分の今の実力を正確に把握でき、受験する学校を決める目安になります。

★過去問をやる日を決める

日々の学習に追われていると、なかなか過去問を解く時間が作れません。日曜日 の午前中など、時間を決めて取り組んでいきましょう。

★全部解こうとしない

満点が取れなければ合格出来ないということはまずありません。合格基準点を確認して、目標点を決め、点数を確実に取れる問題を増やしていきましょう。目標点に達しなかった場 合、少し気をつければ出来た問題。頑張って勉強すれば出来そうな問題をピックアッ プして、その部分を重点的に勉強出来るようにしましょう。

★2、3回繰り返す 点数を記入しておく

毎回点数は記入してください。作文や証明問題、記述問題など部分点などが曖昧な場合は、学校や塾の先生などに聞いて点数が取れる解答 か確認してみてください。 第一志望、第二志望の学校は2回以上繰り返して前より出来るようになっている かを確認しましょう。ただし、国語の読解問題は文章の内容を覚えてしまっている とあまり効果がないので、漢字や言語事項の部分だけ確認して、読解問題レベルが 同じくらいの学校の問題を多くやった方がいい場合もあります。

★直前になったら5分短くする

直前に過去問をやる場合は、制限時間が50分なら45分で出来るように練習し てください。実際の試験になると緊張して時間不足になりがちです。短い時間で出 来る問題を集中的にこなしていく練習をしましょう。

こちらで過去問管理シートをダウンロードしてプリント出来ますので、是非 活用してみてください。  http://chugaku.manabihiroba.net/plan.html

高校入試必出5科の要点チェック (シグマベスト)
高校入試必出5科の要点チェック (シグマベスト) 文英堂編集部

文英堂 2005-07-01
売り上げランキング : 58580

Amazonで詳しく見る by G-Tools

(Visited 1,140 times, 7 visits today)

-受験前にやること, 高校入試
-,