成績をあげるための学習習慣、各教科の勉強法 高校入試対策方法

受験までのスケジュールを作る

志望校に合格するためにはスケジュール作りが大切

中高一貫校以外の中学3年生の生徒さんは受験勉強を考えるようになります。

しかし、具体的にどのように勉強していけばいいのか分からないと、夏休みくらいになって慌ててしまうことになりがちです。

高校入試が初めてなのは皆同じです。上手くスケジュールを作って対策を立てていくことが志望校に合格するためには大切です。

まずは、実際の高校入試までどのくらいの時間があって、どのくらいの量の学習が必要なのか自分で把握することが大事になります。

 

入試の日程を把握する

まずは、高校入試がいつ行われるかを分かっていなければ、計画の立てようがありません。

公立高校、受験する可能性のある私立高校の入試日程をまずは調べてみましょう。学校や塾で聞けば分かりますが、私立高校の場合は各学校のホームページで調べた方が正確な日程、受験要項(試験に必要な科目など)推薦入試の日程まで分かります。

各都道府県の入試に関する情報はこちらのサイトにまとまっています。→http://www.meikogijuku.jp/exam/regional-info/

入試の日程が分かったら、来年の3月まで見渡せるような大きなカレンダーに日程を書き込んでみましょう。適当なカレンダーがなければ自分で作ってください。レポート用紙に日付を書き込んでいくだけでもOKです。

↓長期の日程を書き込むには、このような3ヶ月分のカレンダーがおすすめです。

壁掛カレンダー【2018年 4月始まり】ホワイト 3マンス-M CKN-55

新品価格
¥648から
(2018/4/7 01:26時点)


その上で1、2年の復習を終わらせる時期、過去問や入試問練習に取り組む時期を考えて、大雑把でいいのでカレンダーに書き込んでみましょう。

 

夏休み前は1週間ごとのスケジュール作りを

夏休みくらいまでは部活があって、あまり復習に時間をかけられないとうこともあるでしょう。

また、学校行事も夏休み前に集中していることがあります。

学校の宿題や予習、復習もしなければならないし、この時期の中間、期末テスト対策も大切になります。

本格的に受験勉強が出来るのは夏休み以降になることが多いですが、成績をもう一段階あげたい場合はあまりのんびり出来ません。

自分が強化したいところ、すぐに成績が伸ばせそうなところがないか考えて、毎週やることを決めてみましょう。

例)歴史が好きなので完璧に出来るようにする →問題集を一通りやる

数学の証明問題が苦手 →週1、2問 簡単なものから解いてみる

暗記は苦にならない → 英単語を20個ずつ覚える 漢字を覚える 理科の暗記教材をやる

数学の計算が遅い → ドリル形式の計算問題を時間内に正答出来るようにする

5教科全てを完璧にする必要はありません。点数を伸ばしたい教科を2、3教科くらい決めて週1日か2日でも受験勉強に当てるようにしましょう。

定期テスト対策は大切

高校入試では内申点も必要となりますので、3年生の定期テスト対策は大切になります。

学校で配られる1年の予定表を見れば、定期テストの時期も分かるはずです。カレンダーに書き込みましょう。定期テスト対策に集中する時期は、1、2年の復習などの受験勉強は出来なくなりますので、受験勉強のスケジュールから外さなければなりません。

学校行事や模擬試験の時期も把握しておく

塾に通っている場合は、塾のテストや模擬試験などがあるかを確認しておいてください。

学校で受ける模試や塾で受ける模試、受験に必要な英検や漢検などを受ける時期なども、予定に入れていきましょう。

また、学校行事が多い時期はあまり受験勉強が出来なくなります。文化祭や体育祭など、学校行事がいつあるかもカレンダーに書き込んでいきましょう。

以上のことをやった上で、具体的な学習計画を立ててください。勉強に集中出来る時期が分かると思います。問題集や暗記事項を単元ごとにいつまでにやるか簡単に決めていきましょう。

 

9月からの高校入試のスケジュール用のテンプレートを以からでダウンロード出来ます。

学習計画・学習記録シート
9月から3月までの高校入試の日程、模試や定期テスト、学習計画を管理するシートです。
*7枚つづりになっています。つなげて机の前に貼る、ファイルにするなど、いつでも見られるようにしましょう。
*まず、高校入試の日程、願書を出す時期、定期テストや模試の日程を調べて書き込んでみてください。その後具体的な勉強スケジュールを書き込みましょう。

おすすめ

中学生 高校入試のパーフェクト準備と勉強法

新品価格
¥1,512から
(2016/5/9 02:58時点)

高校入試の基本をわかりやすく解説しています。切り取って使える「月別スケジュール表」もついてます。

SNSでフォローする