予習・復習のやり方 基本的な勉強法

簡単な復習のやり方

2016/05/03

その日に受けた授業の内容は復習をしないとすぐに忘れてしまいます。

毎日最低10分から30分くらい、学校や塾でやったことをチェックする時間を作ることが大切になります。

部活などで忙しく、しっかり復習する時間が取れない場合も、毎日次のことをやってみるようにしてください。

ノート、プリントなどをざっと目を通してみる

授業のノート、配られたプリントなどを一通りチェックしましょう。見直すだけでも、十分に復習になります。疲れていたり時間がないときでも、寝る前に10分だけでも今日やったことを見直す習慣をつけるといいでしょう。

プリント類は、クリアーファイルに入れるなど、教科ごとに整理しておくことも大切です。

よく分からなかった所をチェックしておく

ノートや教科書を見直して、よく分からなかった所は必ずチェックを入れるようにしてください。時間がたつと、分からなかった所があったことすら忘れてしまいます。

暗記しなければならないことをまとめておく

新しく出て来た単語や漢字など、覚えなければいけないことを、書き出しておきましょう。単語帳や小さなノートに書き出しておけば、空き時間などにまとめて覚えることが出来ます。

問題集があるときは、1問でもいいからやってみる

勉強時間が取れない時でも、1問でもいいので練習問題をやってみてください。すぐに出来る計算問題や英語の文法の練習問題だけでも構いません。その日の授業でやった問題や、同じような問題をやってみるといいでしょう。

やり直してよく分からない場合は、チェックしておいて、出来るだけ早い段階で先生や友達に聞いてみましょう。

中学生の成績が上がる! 教科別「勉強のルール」最強のポイント65 (メイツ出版のコツがわかる本 STEP UP!ジュニアシリーズ)

新品価格
¥1,620から
(2016/5/3 00:34時点)

(Visited 6,056 times, 21 visits today)

-予習・復習のやり方, 基本的な勉強法
-, , , , ,