成績をあげるための学習習慣、各教科の勉強法 高校入試対策方法

英語は教科書の音読と暗記が大切

教科書を和訳しているだけでは英語を出来るようにはならない

学校での教科書を使った英語の学習法で気になるのは、本文の英語を日本語に訳しただけで、内容を理解した気になっている生徒さんが多いことです。

確かに日本語で内容を覚えていて、基本的な単語を書けるようにし、重要な文法や構文を覚えていれば定期テストである程度点数を取ることが出来ます。

しかし、この勉強法では 英語力が確実につくとは言えません。 

学校の定期テストでは点数が良くても、実力テストなどではじめて見る英文が読めなかったり入試問題になると出来ないというケースがよくあります。

学校の勉強だけではダメなら他の問題集での学習すればいいという問題ではありません。それでは時間の無駄になるだけです。

 普段の教科書の学習で英語力がつく勉強法を身につけましょう。 

教科書の英文を必ず音読する

小学校の時、国語の授業で音読をすることが多くありませんでしたか?声に出して読むことは語学の学習の基本です。

単語1つ1つを読めても英語は話せません。1つの文をスラスラ読めるように音読する練習をしましょう。

普段の学習の中で 英語の勉強を始める前に1回以上音読することをおすすめします。 

教科書のCDがあれば、それを聞いた後繰り返して読む(リピーティング)一緒に声を合わせて読む(シャドーイング)などで練習してみてください。

出来れば一緒に声を合わせて同じスピードで読めるようになるまで練習します。

こちらのシャドーイングとリピーティングの練習方法を参考にしてみてください。

シャドーイングとリピーティングを使った練習例

最近は教科書の音声データーをホームページでダウンロードできるところもあります。

例)教育出版 教科書本文のダウンンロードデータ

http://www.kyoiku-shuppan.co.jp/textbook/chuu/eigo/document/ducu4/index.html

手持ちの音楽プレーヤーやスマートフォン、タブレットなどでも再生できます。音読できない時は聞くようにしてみるようにしましょう。

英文を全て暗記する

単語の書き取りや文法問題をやることも大切ですが、それより前に教科書に載っている英文は全て暗記するようにしてみましょう。

1ページずつでいいので、何も見ないで英文を声に出せるようにします。

会話文でしたら、自分がどちらかの人物になりきって話してみる練習をすると、英会話の練習にもなります。

例)ジョンとカズキの会話だったら、カズキの部分だけを隠して英語で話せるようにする。

その後暗記した文の書き取りの練習をしましょう。英語のスペル、コンマやピリオドを間違えないように書けるようになるまで練習してください。

 

CDがある場合は、CDを聞いてから1文ずつ英語に直す練習もしてくださいリスニング力もつきます。今後高校や大学入試ではリスニング力が必要となってきますので、 リスニング対策は重要になります。 

和訳をしてある場合は、日本語から英語で書けるようにすれば、定期テスト対策もほぼ完璧になります。

学校のワークブックにある英文も暗記する

教科書併用のワークブックは重要な構文が掲載されていることがあります。それらの英文全部暗記できるようにしておくと英文の構造がつかみやすく文法力も上がっていきます。

余裕があったら他の問題集もやってみる

ここまでの学習をしっかり出来て余裕があったら他の英語問題集もやってみましょう。

文法だけの問題集より、いろいろな英文が掲載されている問題集の方がおすすめです。

ハイパー英語教室中学英語長文 1(超基礎からはじめる編)

新品価格
¥1,296から
(2018/4/28 07:48時点)

高校入試対策を考えている場合は、CDが付属している単語集で出来るだけ多くの単語を頭に入れるようにしてみてください。

CD付 改訂版 キクタン【中学英単語】高校入試レベル (英語の超人になる!アルク学参シリーズ)

新品価格
¥1,296から
(2018/4/28 07:49時点)

SNSでフォローする